良さゲー情報局

スマホゲームを中心としたゲームの情報をお届けするサイト

シミュレーション ダービースタリオン マスターズ

【ダビマス】配合理論について知っておきたい基礎知識

2017/01/19

ダービースタリオンシリーズで強い馬を生み出すために最も重要とされているのが「配合理論」です。それは、最新作のダービースタリオンマスターズにおいても変わることはないでしょう。

今回はそんな重要要素である「配合理論」について知っておきたい基礎的なことについてまとめました。

スポンサードリンク

 

インブリードとアウトブリード

 

配合理論にはインブリードアウトブリードというものが存在します。この2つについて簡単に説明すると、

インブリードとは ⇒ 種牡馬と繁殖牝馬の近い先祖に同じ馬が重複している配合=近親交配

アウトブリードとは ⇒ 先祖に同じ馬がいない配合=非近親交配

ということになります。インブリードは「クロス」とも呼ばれています。

 

それぞれのメリットとデメリットは?

 

インブリード

メリット

近い先祖の馬を重複させることで特定の能力を狙って受け継がせることが可能になる。

デメリット

気性難や虚弱体質になりやすく、不受胎になる可能性も上がる。

 

アウトブリード

メリット

気性難や虚弱体質になりにくく、不受胎も少ない。

デメリット

遺伝子の組み合わせが多く、生まれてくる馬の性質もそれぞれ異なる場合が多い。そのため、特定の能力を狙って受け継がせることができない。

 

インブリードとアウトブリードでは正反対の性質があることがわかりますね。能力アップならインブリード気性や健康重視ならアウトブリードといった感じです。

スポンサードリンク

 

ニックス

 

ニックス配合も覚えておきたい配合理論です。

ニックス配合とは ⇒ 種牡馬と繁殖牝馬の父系統の相性が良い配合

 

ニックスのメリットとデメリットは?

 

メリット

産駒のスピードとスタミナの初期値が上昇する。

デメリット

とくになし

ニックス配合は大きなデメリットも無い無難な配合ですね。しかし、スピードとスタミナは上限値が上昇するわけではなく、あくまでも初期値の上昇であることには注意が必要です。

 

配合理論は組み合わせることも可能

 

上記に紹介した配合理論は組み合わせることも可能です。例えばインブリードとニックスを両立させて、特定の能力を受け継がせつつスピードとスタミナの初期値を上げたりすることができるわけです。

インブリード、アウトブリードやニックスなどは配合理論がよくわからない人でも発生させやすい配合といえるでしょう。

関連記事 ↓↓

難易度高めな配合理論「面白い配合」「見事な配合」

種牡馬リセマラ当たりランキング

スポンサードリンク

 

-シミュレーション, ダービースタリオン マスターズ
-, , ,